新卒採用 : 教育研修制度

教育研修制度

教育研修制度

入社後の教育について

 入社後はまず、ビジネスマナーなど新入社員として必要な基本的知識を10日間の集合研修で身に付けていただきます。その後、3か月間生産工場に赴き現場実習を体験します。工場では実際に生産工程に入って、直接モノづくりの一作業者としての醍醐味を体感してもらいます。
 正式配属前には、生産工場での実習で学んだことを振り返り、また配属へ向けての心構えを養うため、2泊3日の集合研修を行います。各部署への配属後は、OJTを中心に上司や先輩社員から多くのことを学び、2年目以降も階層別に用意された教育研修制度を通じて、成長への道を着実に歩んでいきます。
 また、人材育成の特徴的な取り組みとして、「トレーニー制度」が挙げられます。若手社員から公募を行い、海外の語学スクールで1年間勉強する機会を設けるこの制度。単なる語学力の向上のみならず、早くから世界を知り異文化に適応できる人材を育てることが狙いです。2013年に始まったばかりですが、更なるグローバル化が進んでいく中、社員の活躍の幅を広げていくためには非常に効果的な研修であると考えています。
 その他にも右に挙げたように充実した教育研修制度が年次ごと、目的ごとに用意され、一人ひとりの成長を後押ししています。その結果生まれる社員の高い定着率は当社の自慢の一つです。

内定者合宿
約一年間米国の語学スクールで学び、
グローバル素養を身につける海外トレーニー制度

教育研修制度、階層別の教育について

 当社では、「人材重視」を理念に掲げ、「人こそ企業の決め手」と考えています。また、グローバル企業として進化していくためには、「グローバル人材(世界で戦える人)」を継続的に育成・輩出していく人材育成が必要となります。
 当社の人材育成は、大きく分けて3つの取り組みから成り立っています。

① OJT(On the Job Training):専門性を高めるため職場での実務を通じて行う教育訓練
② JR(Job Rotation):経験の幅を広げるため継続的かつ戦略的に行う人事異動 
③ Off-JT(Off the Job Training):知識・スキル習得のため職場を離れて行う教育訓練

 教育研修制度は、このOff-JTの充実を目標としています。
 上の体系図は、社員の階層に応じた様々な教育研修制度を表しています。入社2年目、5年目が対象の新人・中堅社員研修や、係長・主任クラスの基幹社員研修、そして管理職向けの上級社員研修と、各階層において学びや気づき、知識やスキルを得る機会を設けています。
 このように、当社では教育研修制度を通じて、一人ひとりの成長を後押しし、当社を担う人材の育成に力を入れています。

グローバルスタンス
入社2年目に行われるグローバルスタンス研修。
早くから世界を意識してもらう

ページ上部へ

Copyright © 2015 TS TECH CO.,LTD. All Rights Reserved.